「腹痛をきたす頻度の高い消化器疾患」 一覧

no image

腹痛をきたす頻度の高い消化器疾患

1. 感染性腸炎 ウイルスや細菌が腸管に感染することが原因となり、腹痛とともに 下痢が主症状となります。発熱や嘔吐、さらに血便などの症状を認め ることもあります。いわゆる食中毒も感染性腸炎の一種で、汚 ...

Copyright© 知らないと損をする医療情報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.