遠隔治療通達

厚労省・遠隔治療・通達

投稿日:

厚労省からの通達を以下転記しておきます。

遠隔治療もある程度認められる・・・ようなのですが、解釈が難しいところがあり、今後の様子見になるかもしれません。

 

ーーーーーーーーーーー以下

 

遠隔診療については、「情報通信機器を用いた診療(いわゆる「遠隔診療」)について」(平成9年12月24日付け健政発第1075号厚生省健康政策局長通知。以下「平成9年遠隔診療通知」という。)において、その基本的考え方や医師法(昭和23年法律第201号)第20条等との関係から留意すべき事項を示しているところである。

 

平成9年遠隔診療通知の 「1 基本的考え方 」に示しているとおり、 医師法 第20条等における「診 察」とは、現代医学から見て疾病対し一応の断を下し得る程度のもい、 遠隔診療についても、現代医学から見疾 病に対して一応の診断を下得 る程度のもであれば、医師法第20条等に抵 触するものではない。 今般、情報通信機器の開発・普及の状況を踏まえ、平成9年遠隔診療通知における遠隔診療の取扱いについて、下記のとおり明確化することとしたので、御了知の上、関係者に周知方をお願いする。

1.平成9年遠隔診療通知の「2 留意事項(3)ア」において、「直接の対
面診療を行うことが困難である場合」として、「離島、へき地の患者」を挙 げているが、平成9年遠隔診療通知に示しているとおり、これらは例示であ ること。
2.平成9年遠隔診療通知の「別表」に掲げられている遠隔診療の対象及び内
容は、平成9年遠隔診療通知の「2 留意事項(3)イ」に示しているとお り、例示であること。
3.平成9年遠隔診療通知の「1 基本的考え方」において、診療は、医師又
は歯科医師と患者が直接対面して行われることが基本であるとされている が、平成9年遠隔診療通知の「2 留意事項(3)ア」又は「2 留意事項
(3)イ」に示しているとおり、「2 留意事項(1)及び(2)」にかかわ らず、患者側の要請に基づき、患者側の利点を十分に勘案した上で、直接の
対面診療と適切に組み合わせて行われるときは、遠隔診療によっても差し支 えないこととされており、直接の対面診療を行った上で、遠隔診療を行わな ければならないものではないこと。

-遠隔治療通達

Copyright© 知らないと損をする医療情報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.